フィンテック基盤のブロックチェーンプロジェクト'RETURM‘

RETURMはmicroP2P金融プラットフォームをはじめとする様々なRETURM Dappエコシステムの透明性と安全性、収益性を高め、エコシステムのメンバーにより便利なサービスと大きな報酬を提供するために作られた、イーサリアム基盤のERC-20ユーティリティトークンです。
P2P金融プラットフォームは、フィンテックサービスとして非常に意味のある分野であるにも関わらず、運営主体の道徳の欠如や情報の非公開性、技術的な問題などのいくつかの限界と問題を生み出し、むしろ各国政府の規制の対象となっています。そのため、P2P金融プラットフォームが持つ潜在力に比べて成長は減速しています。
RETURMは、microP2P金融プラットフォームの透明性と安全性を高めるためにスマートコントラクトに基づくアカウント所有検証プロトコルを活用し、公開的でありながら信頼できる情報システムをユーザーに提供いたします。
ブロックチェーン技術を活用したP2Pバウンティプラットフォームを融合させることで、まだ不慣れなユーザーの利便性により汎用化できずにいるブロックチェーンのエコシステムを、不便でも利用したくなるほど魅力的なブロックチェーンサービスが体験できるようにご提供いたします。
RETURMのエコシステムで、RETURMは支払い手段かつユーザーの取引情報と評価情報が含まれている存在証明手段であり、契約を証憑する権利証明の手段でもあります。

フィンテック基盤のブロックチェーンプロジェクト'RETURM‘

RETURMはmicroP2P金融プラットフォームをはじめとする様々なRETURM Dappエコシステムの透明性と安全性、収益性を高め、エコシステムのメンバーにより便利なサービスと大きな報酬を提供するために作られた、イーサリアム基盤のERC-20ユーティリティトークンです。
P2P金融プラットフォームは、フィンテックサービスとして非常に意味のある分野であるにも関わらず、運営主体の道徳の欠如や情報の非公開性、技術的な問題などのいくつかの限界と問題を生み出し、むしろ各国政府の規制の対象となっています。そのため、P2P金融プラットフォームが持つ潜在力に比べて成長は減速しています。
RETURMは、microP2P金融プラットフォームの透明性と安全性を高めるためにスマートコントラクトに基づくアカウント所有検証プロトコルを活用し、公開的でありながら信頼できる情報システムをユーザーに提供いたします。
ブロックチェーン技術を活用したP2Pバウンティプラットフォームを融合させることで、まだ不慣れなユーザーの利便性により汎用化できずにいるブロックチェーンのエコシステムを、不便でも利用したくなるほど魅力的なブロックチェーンサービスが体験できるようにご提供いたします。
RETURMのエコシステムで、RETURMは支払い手段かつユーザーの取引情報と評価情報が含まれている存在証明手段であり、契約を証憑する権利証明の手段でもあります。

Pre-Sale Starting in:

時間切れです、申し訳ありません!
$4m
Softcap
$15m
Hardcap

Why is RETURM Coin?

①情報の公開・検証
ブロックチェーンシステムが持つ最も大きな長所は、情報を分散して保存したものが公開され、偽造・変造ができないという点です。同時に非常にセンシティブな個人の身元情報の取り扱いを難しくする要因でもあります。
このようなP2P金融プラットフォームが収集する情報とデータの特性はRETURMのエコシステムが設計するブロックチェーンシステムに重要なアイディアを提供します。
RETURMは存在証明契約と真偽証明契約、アカウント所有検証プロトコルを通して、microP2P金融プラットフォームが個人の身元認証情報を除くすべてのデータを公開して検証できるようにします。

②暗号通貨基盤の収益モデルの創出
従来のP2P金融プラットフォームは、ユーザーがサービスを利用するために法定通貨を手数料として支払わなければならないという点で、ユーザーの負担を増加させてきました。最も理想的な方向は、このような手数料を第三者が負担するということです。
これはRETURMが設計するマイニングアルゴリズム(Mining Algorithm)のモデルとなりました。
RETURMのP2Pバウンティプラットフォームは、RETURMエコシステムのメンバーがいつでもどこでもどんなデバイスでも、今まで価値に変換できなかった自身の時間や資源をRETURMに変換できるようにし、自身が所有したRETURMを第三者の時間や資源と変換することができます。
このような変換過程は、RETURMエコシステムに参加するユーザーに費用の支払いに対する負担を減らしながら、エコシステムを構成するプラットフォームと企業の収益を増大させる大切な要素となります。

①情報の公開・検証
ブロックチェーンシステムが持つ最も大きな長所は、情報を分散して保存したものが公開され、偽造・変造ができないという点です。同時に非常にセンシティブな個人の身元情報の取り扱いを難しくする要因でもあります。
このようなP2P金融プラットフォームが収集する情報とデータの特性はRETURMのエコシステムが設計するブロックチェーンシステムに重要なアイディアを提供します。
RETURMは存在証明契約と真偽証明契約、アカウント所有検証プロトコルを通して、microP2P金融プラットフォームが個人の身元認証情報を除くすべてのデータを公開して検証できるようにします。

②暗号通貨基盤の収益モデルの創出
従来のP2P金融プラットフォームは、ユーザーがサービスを利用するために法定通貨を手数料として支払わなければならないという点で、ユーザーの負担を増加させてきました。最も理想的な方向は、このような手数料を第三者が負担するということです。
これはRETURMが設計するマイニングアルゴリズム(Mining Algorithm)のモデルとなりました。
RETURMのP2Pバウンティプラットフォームは、RETURMエコシステムのメンバーがいつでもどこでもどんなデバイスでも、今まで価値に変換できなかった自身の時間や資源をRETURMに変換できるようにし、自身が所有したRETURMを第三者の時間や資源と変換することができます。
このような変換過程は、RETURMエコシステムに参加するユーザーに費用の支払いに対する負担を減らしながら、エコシステムを構成するプラットフォームと企業の収益を増大させる大切な要素となります。

What is Returm Technology

RETURMはイーサリアムのブロックチェーンシステムと規約に従います。
ブロックチェーンの長所である情報の透明な公開は、反対に非常に個人的な情報が公開される可能性を含むため、RETURMはエコシステムに含まれたすべてのプラットフォームとの連携において、個人情報が含まれていない信頼できる情報が公開されるように、別途のプロトコルを開発して提供しています。

RETURMはイーサリアムのブロックチェーンシステムと規約に従います。
ブロックチェーンの長所である情報の透明な公開は、反対に非常に個人的な情報が公開される可能性を含むため、RETURMはエコシステムに含まれたすべてのプラットフォームとの連携において、個人情報が含まれていない信頼できる情報が公開されるように、別途のプロトコルを開発して提供しています。

①匿名性
個人情報の収集をせず、RETURMアカウントだけでユーザーを認証し、スマートコントラクトの目的と正当性を証明することができます。
②信頼性
ブロックチェーンデータの信頼度を高めるため、アカウントの所有検証のためのプロトコルを別途提供します。
③利便性
RETURMは別途の開発知識がなくても利用できる、スマートコントラクトエディタを実装し、提供します。
④効率性
RETURMはプライベートブロックチェーンとパブリックブロックチェーンを同時に使用し、効率性を高めます。
⑤拡張性
RETURMはフィンテック基盤のブロックチェーンプロジェクトですが、ショッピングモールやゲームなど、数多くのRETURM専用のアプリケーションを開発しています。

Tokensale Stages

2Set_Pre-Sale

2018. 11. 28 ~ 2018. 12. 16

Lock-up Duration
Returm payments for Pre-Sale Participants will be split between January and June.

Bonus
Buying + 30% Expectation

1Set_Main-Sale

Comming Soon

|
|

Bonus
Buying + 20% Expectation

2Set_Main-Sale

Comming Soon

|
|

Bonus
Buying + 15% Expectation

3Set_Main-Sale

Comming Soon

|
|

Bonus
Buying + 10% Expectation

Token Structure

Total Amount: 10,000,000,000 RM (No additional issuing)
Total Sales Amount: 7,000,000,000 RM
Soft Cap: USD 2,000,000 or 4,000ETH (Based on the first ETH. In case the minimum sales
amount is not met, collected contribution will be returned in full
and the business will be terminated.)
Hard Caps: USD 15,000,000
Sales Price:
$0.003=1RM (Accepted Payment : Etherium)
30%
Sales
20%
Marketing
10%
Team&Advisor
40%
Lock-up

TOKEN ECONOMY

ad_han

1. 리텀 월렛을 생성하세요

https://returm.io 

2. 오픈 채팅방의 참여하세요

카카오톡 https://open.kakao.com/o/gF4smeV

텔레그램 https://t.me/returm

3. 에어드롭 폼을 입력하세요

http://bitly.kr/pJC6

※에어드롭 가이드
https://goo.gl/vV26HU

단, 오픈 채팅방에는 에어드롭 1차~3차 이벤트가 끝날때까지 접속을 유지하셔야 됩니다.

중간에 나간 경우 리텀(RM)이 지급되지 않습니다.

①価値上昇のモメンタム
ユーザーは法定通貨と暗号通貨をすべて使用できる場所で、不便さを受け入れて暗号通貨を使うよりも、少し費用をかけてでも法定通貨が持つ利便性を選ぶ傾向があります。RETURMのすべてのDappは、短期的には損失が発生するかもしれませんが、法定通貨や他の支払い手段をあきらめ、ただRETURMだけを支払い手段かつ証明手段として使用します。
これはユーザーがRETURMのサービスやDappに熱中すれば、RETURMの需要を爆発的に伸ばす要素となり、市場でRETURMの価値を爆発的に上昇させるモメンタムになります。


②流入力が強い市場
P2P金融プラットフォームは様々な理由から、伝統的な金融機関から疎外された人々を流入させる強い動力を持っています。特に、microP2P金融プラットフォームの場合、未来に主な消費階層となる20~30代が違法な方法を除いて貸付を受けることができる、全世界的に非常に潜在力が大きな市場であり、ユーザーが不便さを受け入れてでも使用したい非常に強力な流入力を持っているサービス分野です。
ユーザーはRETURMだけを支払い手段とするこのサービスを通して、RETURMエコシステムのメンバーとなります。


③トークン流通網の拡張
RETURMはmicroP2P金融プラットフォーム以外にRETURMだけを支払い手段とするオークションサービス、クイズゲーム、カジノゲームなどをオリジナルで製作し、パートナーシップを通して提供することで、RETURMが流通できる様々な活用先を生み出します。
これは、RETURMの汎用性を高め、需要を創出させ価値の上昇をもたらします。

ICO事前登録

ETH入金住所

     

BTC入金住所

     

1.選択した身分証と顔が出ことができるように写真を撮ってアップロードしてください 身分証に顔が究明されればなりません。
同様に写真が明るくて明確に出なければなりません。 同様に写真が明るくて明確に出なければなりません。 ヘアキャップ、頭巾などに顔の一部が隠れてしまってはいけません
2.選択した身分証の個人情報は隠したまま前方、裏面をアップロードしてください
Remark
1.Pre-Sale、IEO参加者のReturmの支給は、1月から6月まで分割されて支給されます。
2,取引所からではなく、個人の財布(マイ・イーサ・ウォレットなど)からEtheriumを送ってください。
3.受ける財布の住所も個人の財布((マイ・イーサ・ウォレットなど))を入力しなければなりません。

Returm Q&A

  1. Q. What many Retum are there in the coin issued to ICO?
  1. A. Total issuance in ICO period is 7 billion. Please refer to the whitepaper for more information.
  1. When is the main sale period?
  1. – Pre-sale: 2018.9.1 ~ 10.31
    – Public sale: Comming Soon
    Returm starts based on a basic ecosystem that can be used in real life immediately. Entire ecosystem based on complete Returm platform is completed through the completion of main net in 2020.
  1. Is there any transaction fee for Returm?
  1. No charges are needed for transaction between Wallets in Returm Wallet, but charge for exchange may need for transaction through the exchange.

Our Team Members

Our Advisors

Returm Partners

Here are some of the most influential partners in activating and developing Returm ecosystem.

Roadmap

2018. 1Q
- Returm Wallet Beta Release - Mission Ledger Beta Release - Public Link API Beta Release
2018. 3Q
- Returm Wallet Stable Release - Mission Ledger Stable Release - Public Link API Stable Release - Returmic Editor Beta Release - Global Payment API Beta Release
2019 1Q~2Q
- Wearable Wallet Beta Release - Global Payment API Stable Release - Returmic Editor Stable Release - Global Top15 Exchange Market Registration - Regional Small Business Network (Asia)
2020 1Q~2Q
- Returm MainNet expectation - RETURM EX(Own exchange market) stable release
2018. 2Q
- Finance Dapp “Moneybnb” Connect - Commerce Dapp “DealPricemarket” Connect - Partnership with WiMO, PCL, 101Company etc - Regional Small Business Network (Korea)
2018. 4Q
- Pre-sale - Public ICO - Finance Dapp “Moneybnb” Asia Release - P2P Exchange Dapp “ReturmX” Connect - Game Dapp “Returmino” Connect - Regional Small Business Network (South East Asia)
2019 3Q~4Q
- Wearable Wallet Stable Release - Global Payment API Update - Returmic Editor Stable Release - Public ICO - Global Small Business Network - RETURM EX(Own exchange market) beta release
2018. 1Q
- Returm Wallet Beta Release - Mission Ledger Beta Release - Public Link API Beta Release
2018. 3Q
- Returm Wallet Stable Release - Mission Ledger Stable Release - Public Link API Stable Release - Returmic Editor Beta Release - Global Payment API Beta Release
2019 1Q~2Q
- Wearable Wallet Beta Release - Global Payment API Stable Release - Returmic Editor Stable Release - Global Top15 Exchange Market Registration - Regional Small Business Network (Asia)
2020 1Q~2Q
- Returm MainNet expectation - RETURM EX(Own exchange market) stable release
2018. 2Q
- Finance Dapp “Moneybnb” Connect - Commerce Dapp “DealPricemarket” Connect - Partnership with WiMO, PCL, 101Company etc - Regional Small Business Network (Korea)
2018. 4Q
- Pre-sale - Public ICO - Finance Dapp “Moneybnb” Asia Release - P2P Exchange Dapp “ReturmX” Connect - Game Dapp “Returmino” Connect - Regional Small Business Network (South East Asia)
2019 3Q~4Q
- Wearable Wallet Stable Release - Global Payment API Update - Returmic Editor Stable Release - Public ICO - Global Small Business Network - RETURM EX(Own exchange market) beta release

Watch Video